» ブログ・webサイト・ランディングページにイラストを活用してみませんか?

リモートワーク可の会社でWebデザイナーで働く方法(私の体験談)

投稿日時2018年8月21日 タグ , ,

カテゴリ リモートワーク

リモートワーク可の会社でWebデザイナーになる方法(私の体験談)先月末で小売店のDTPデザイナーのパートを退社したMikaです。
一ヶ月ぶりのブログ更新になります。
来月からは地元のWeb制作会社でリモートワークで週4日で働くことになりました。

今回はその経緯について記事に書きたいと思います。

前のDTPデザイナーのパートを辞めた理由について

  • パソコンを2人兼用で使わされる
  • 週4日出勤の私を上司が気に入らないらしい
  • お盆も正月も休みなく年中無休の会社だった
  • 残業しても上司(課長)からの許可がないと残業として認められず残業代が支払われない
  • 有給が取りにくい会社らしい

先月の会社はネット使えるパソコン1台を2人兼用で使わされてたので仕事がすごくやりにくかったです。
一人一台のパソコンも与える事が難しいならDTPデザインのパート1人にすればいいのになと思います。

意味がよくわからなかったのは週4日出勤について面接でOKもらえたのに直属の上司と他の部長などが
週5日出勤でない私を快く思ってなかった事です。

有給使って休んでた訳でもないのに嫌味言われるのもなんだかなぁ‥
という気持ちになって仕事のモチベーション下がりました。

年中無休でお盆も正月も基本的に休みは一切ない会社でした。
年中無休だから会社の都合の良いように交代でバラバラな曜日に休みを振り分けられます。
事務系なのに飲食店のバイトのシフトより休みに関して酷い扱いの職場だと思います。

1番の問題は仕事が増えて残業で残ることになっても上司の許可が通らないと残業代がつかないことです。
私はそれを知らずに全てサービス残業にされてしまいました。

地元で有名で歴史が長くて他県に展開してる店だったので、そういう職場だと知って残念でしたね。

次の会社のリモートバイトの条件について

来月入社する会社は土日祝は完全に休みで月〜木曜日に出勤など時間も曜日も自分で選べるようになりました。

  • 週1回の出勤あり、他の日はリモートワーク可
  • 休日は土日祝、夏季休暇、冬期休暇あり
  • 社会保険加入、交通費支給あり
  • Adobe CC購入全額補助+パソコン(MacかWin好きなのを選べる)支給

なにそれ、前の会社と正反対じゃないですか(>_<;)

最初からリモートOKだし、同じ県内でここまで良い条件の会社があるとは思ってませんでした。

リモートワーク求人の探し方

今回の求人もindeedで求人を見つけました。

リモート社員求人を探してる人は「在宅 リモート デザイナー」「在宅 リモート エンジニア」
で検索条件を登録してると定期的にindeedからメールが届くようになります。
今回のバイトは過去に「在宅webデザイナー」のキーワードで検索していたものが登録されていたので
自動的にindeedからメールで送られてきました。

去年からフリーランスでリモート案件を探す時はindeedWantedlyを使ってました。

Wantedlyは継続的なweb案件を依頼してくれるようなクライアントに出会えるので
新規で案件が欲しい時はちょくちょく見てます。

初!?のリモートWebデザイナーの面接について感じた事

私みたいに制作会社へ入社する場合は制作物が全てですから転職多いのは不利にはなりません。

別にフリーランス経験が会社員より長かったとしても全く不利にはならず寧ろ下記のような反応でした。

「制作に関しては問題ないという事だね。5年もフリーランスでwebデザイナーしてたようだし。」

結局の所、Webデザイナーの面接はどこも全国同じで

「どんなスキルがあるのか作品や実績で見せて欲しい」

と面接官に聞かれてポートフォリオを提出する流れになることが多かったです。

デザイナーは実績をまとめたポートフォリオさえあればどこへでも転職可能です。
就職、転職前にはポートフォリオサイト1つくらいは持つようにしましょう。
Webデザイナーの場合は実績は6〜10個くらいで十分な感じです。

フリーランスとリモート社員どっちがオススメ?

今だと東京の会社でリモート社員しながら関西や地方に在住してるエンジニアの話もよく聞きます。
徐々にパソコン一つで自宅で働ける時代になってきています。

自宅で仕事したいと希望しているなら何もフリーランスだけが選択肢ではありません。
今はリモート社員になって在宅で働く選択肢があります。

週1回の出社は必要な会社多いですが、毎日出社するよりは時間が無駄にならないからいいと思います。
通勤だけで1日2時間は余分にかかってることも多いし。
リモートワークして余った通勤時間2時間を自分の好きなことや勉強に使った方が遥かに有意義です。

リモート社員の方がいきなりフリーランスになるより収入が安定するのでオススメな働き方だと思います。

今年は半年間パート勤めしながらフリーランスでWebデザイン・イラスト案件受けてましたが
会社員やりながらフリーランスする方がダブルで収入得れますし収入が安定するのでオススメな働き方だと感じました。

会社員だと社会保険をフリーランスの時みたいに全額支払いではないので、
フリーランス始めたばかりで収入不安定な人にとっては会社員と兼業するのが良いと思ってます。

会社員でリモートワークだとフリーランスと兼業しやすいし、主に在宅で制作する方が性格的に私には向いてそうです。
私はマイペースに家で制作する方が集中力が上がるタイプですからね。

どちらか働き方を選ぶのではなく両方やるのも良いと思うようになりました。

せっかく採用されたのだからweb系の勉強も頑張りつつ、休みの日はイラスト作品描きためてブログ書いたり、フリーランス案件も継続しようと思います。


■リモートワークを始める上で参考になりそうな記事

地方リモートワーカーがつづる
初心者に役立つTIPS満載!リモートワーク虎の巻/目次
https://paraft.jp/r000017002910

プロフィール

名前:Mika

徳島の田舎でweb制作会社でリモートワーク勤務しています。
フリーランスの案件ではwebデザインとイラストを受注しています。

フリーのお仕事のご相談ありましたらお気軽にお問い合わせください。

現在はwebコーディングのみのお仕事は控えさせて頂いております。