» ブログ・webサイト・ランディングページにイラストを活用してみませんか?

Illustratorで水彩絵タッチのイラスト作成する方法

投稿日時2019年4月4日 タグ

カテゴリ イラストの描き方, デザイン効率化・お役立ち記事

Illustratorで水彩絵タッチのイラスト作成する方法

水彩用のレイヤーを作る

まずは普通にIllustratorのパスでイラストを描きます。
「水彩レイヤー」という名前でレイヤーを作成して一番上の階層に置きます。

水彩ようのレイヤーを作って「透明パネル」→「オーバーレイ」を重ねる

水彩の背景写真を素材配布サイトでダウンロードして「水彩レイヤー」に写真を配置して
透明パネル→オーバーレイを選びます。

水彩絵写真は写真ACでダウンロードしました。
https://www.photo-ac.com/

完成!!

画像のようにイラストに水彩写真がオーバーレイされて水彩絵風のイラストが作成されました!

水彩絵の写真素材を持っていたら結構簡単にIllustratorで水彩絵風のイラストが作成できます。

もっとリアルな水彩絵にしたい場合は下記のサイトが参考になります。
https://www.linustock.com/article/tech/watercolor02

素材感のあるデザイン素材を作る方法は下記の書籍もオススメです。

私はwebデザインもイラストもIllustratorで作るデザイナーです。
AI素材の方がweb、DTPの媒体問わず幅広く使えるのでスゴク使い勝手がいいです。


スポンサー広告



プロフィール

名前:Mika

会社員webデザイナー(リモート)兼フリーランスのパラレルワーカー。 フリーランスでLP/webデザイン、イラストの仕事を中心に受けてます。

お問い合わせ »