Photoshopで作成したイラストのラスターデータをベクター化する方法

投稿日時2020年2月16日 タグ

カテゴリ Illustrator, イラストの描き方

Photoshopで作成したイラストの ラスターデータをベクター化する方法

Web/LPデザインからイラストまでマルチに仕事してるデザイナーMika(@designer_mika)です。

iPadアプリPhotoshopSketchで水彩絵風に絵を描いてみる

昨日初めて使って見ましたが、水彩ブラシの色の滲み方がリアルで面白いです。

筆を長押しすると水がドンドン染み込んで他の色と混ざってしまったりします。

普段Illustratorのみで絵を描いてるので新鮮でした。

正直、パソコンのPhotoshopブラシより使いやすいし、初期登録でも結構ブラシの種類が豊富なアプリです。

どんどんPhotoshopとIllustratorの敷居がiPadアプリによって下がっていってる気がします。無料で手軽に試せますしね。

ただ、PhotoshopSketchで描いたイラストをストックフォトヘ投稿しようとすると印刷データの解像度が足りない、画像が小さすぎる問題に直面しました。

(PhotoshopSketchは印刷用のポストカード、ポスターのアートボードはあるけどイラレで開くと小さい紙サイズの印刷向きだった)

Illustratorでラスター→ベクターへ変換する

Photoshopで作成したイラストの ラスターデータをベクター化する方法

(1)イラストをクリックして画像トレースの矢印を押して「写真(高精度)」を選択して「拡張」ボタンを押します。

(2)画像のようにペンツールのポイントが表示されるとPhotoshopのラスターデータがベクターデータになりました。

低解像度72で作成したPhotoshopのイラストでもIllustratorで開いて画像トレースするとベクターデータ化できます。

ただし、ロゴとか正確な線が必要な画像のトレースには向かないです。

会社の案件で無理に画像トレースされたロゴデータを見ましたけど。企業サイトロゴの品質にはなっておらずフォントの線がガタガタでした。

写真やイラストならIllustratorでトレースしても違和感はない感じでした。

画像のトレース対象によって結果は変わるので確認して駄目だったら諦めてIllustratorで最初から作成した方が良さそうな印象です。

私がIllustrator中心でイラスト描くのは印刷やwebでもどんな利用用途でも対応できるし、拡大縮小も自由自在でデータが劣化しないからです。

web/LPデザインからイラスト制作まで承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ »