AdobeXDメモ(1) XDのプラグインのショートカットを 自分で自由に設定する方法

投稿日時2020年11月6日 タグ

カテゴリ AdobeXD, Webデザイン

AdobeXDにはTrimItというテキストが長くなるとCmd+Alt+Tでトリミングできるショートカットがあります。
例えばこんな感じ。

webデザイン作業ではかなり重宝するTrimItですが なぜか今回のXDアップデートでショートカットが消されてしまいました。


この記事ではXDプラグインのショートカットを設定する方法を紹介します。

方法その(1)プラグインのmanifest.jsonファイルを編集する(コードわかる人向け)

Macだと下記のフォルダへ移動してpluginsフォルダを探して Bracketsなどコーディングエディタソフトへドロップしてコードを編集します。


/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Adobe XD

TrimItのプラグイン設定のファイルを探したい場合は「TrimIt」と入力します。

MacではTrimItプラグインはCmd+Alt+Tで起動しますが、 XDアップデート後は他のショートカットに使われてしまっているようなので 別のショートカットに自分で書き換えます。(私はCtrl+Alt+Tにしました)

XDを再起動します。
再起動後はTrimItプラグインのショートカットがCtrl+Alt+Tへ無事変更されました。

方法その(2)Macのキーボードショートカット設定から手入力で変更する

システム環境設定>キーボードを開きます。

アプリケーションでAdobeXDを選択してキーボードで操作したいプラグイン名をメニュータイトルに記入してキーボードショートカットを設定します。

AdobeXDキーボードショートカット変更には2通りの方法がありますが、コード編集して失敗すると怖いのでMacユーザーは(2)の方法がいいでしょうね。 windowsは持っていないので設置はわかりません。

※キーボードの設定、カスタマイズに関しては自己責任でお願いいたします。


web/LPデザインからイラスト制作まで承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ »